Tuesday, September 28, 2010

とっととお家に帰りなさい!


 最近研究やその他が忙しくて自分の時間があまりありません。


 今日は輪講中にやってくる訪問者を追っ払う看板を作りました。


色も塗らないし、技術的な挑戦もないので面白みが無いのですが・・・


いつもどおりCADで外形を作ってレーザーカッターでサクっとやります。


f:id:VenusM:20100930021840j:image:w350


加工中です。結構大きいので時間がかかりました。


全部入れて20分はフルで加工してました。


f:id:VenusM:20100930021839j:image:w350


扉に貼ります。


これを輪講中に出せば訪問者はお家に帰るすんぽうです。


しまい忘れると一日静かに過ごせます。


最近プログラムをいじる機会が多いので、次はプログラム系にするかもしれません。




Thursday, September 23, 2010

ブックスタンドを作る


 こんにちは、秋になったのか涼しくなりましたね。


 今回は実用品を作りました。


いつも専門書を見ながらプログラミングしているのですが、本が閉じてしまって非常にやりづらい毎日を送っています。


そこで本を開いたままにしておけるスタンドを作りました。


なんと呼んでいいかわからないのでブックスタンドとしておきます。


材料はいつも通り、φ4のアルミ棒とアクリルt2です。


それをレーザーカッターと旋盤を使って加工しました。


f:id:VenusM:20100924161132j:image:w350


こんな感じになります。


上の二本の棒はスリットがあるのである程度上下できます。


キャップボルトが無骨な感じですが、手で回したいのでこれでよしとします。


こんな感じで使います。


f:id:VenusM:20100924161133j:image:w350


f:id:VenusM:20100924161131j:image:w350


なかなかいい感じです。


アクリルが薄すぎたかなとも思いましたが、意外と大丈夫そうです。


早速家に持ち帰って使いたいと思います。




Tuesday, September 21, 2010

クリップボードを作る


 こんばんは。最近はまた暑いですね。


 今回はクリップボードを作りました。


立ったままモノを書いたりするのに使うあれです。


買うと1枚500円前後する上にカワイくありません。


研究室のデモに使いたいので作ることにしました。


試作したのはA4とA5のボードです。


実際にはもう少し小さくするかもしれません。


制作はいつも通りアクリルt2をほいほいとレーザーカットします。


f:id:VenusM:20100922222727j:image:w350


f:id:VenusM:20100922222728j:image:w350


透明なものを撮るのは難しいです。


これに適当なクリップを付ければ完成です!


なかなかいいのですが、描きやすいかはテストしないとダメですね。


今回は手抜き臭い内容ですみません。




Friday, September 17, 2010

真空チャックを作る その3


こんばんは。最近また暑い気がします。


前回浮気して扇風機を作りましたが、今回は真空チャックに戻ります。


二つの新しいゴムを用意しました。


東急ハンズで売られているOリングで、普通のゴムのやつとシリコンのやつを用意しました。


またレーザー加工機で外形を切り、NCでポケット加工を行ないました。


これはレーザー加工機では加工の跡が荒いのと、ボールエンドミルで加工して、Oリングをピッタリと埋めたかったからです。


で、こんなモノができました。


f:id:VenusM:20100918181140j:image:w350


横についている耳は、NCの汎用治具にネジ止めするためのモノです。


加工後にバンドソーで切り落とします。


f:id:VenusM:20100918181142j:image:w350


Oリングを載せてみました。ぴったりとはまっていい感じです。


f:id:VenusM:20100918181143j:image:w350


注射器と合体させて実験をします。


f:id:VenusM:20100918181841j:image:w350


結果、大成功です!うまく吸引してくれます。


シリコンの方が若干強い気がしますが、いい感じです。


これでひとまず完成!


そこで実際に耐久実験をしました。


注射器を固定して、加工します。


すると途中で空気が入っているのか5分程度で外れてしまいました。


人が注射器を引いていれば少しずつ吸引できるのでもつのですが、固定すると無理のようです。


やはり真空ポンプを使うべきなのでしょうか?




Wednesday, September 15, 2010

棚にかけられる扇風機を作る


こんばんは。最近雨で外にでるのが億劫です。


 ちょっと研究室で暑かったので扇風機を作ることにしました。(今更な気もしますが・・・)


作ると言っても適当なPCファンにポテンショメータを付けて風力を変えるくらいのものです。


なるべく軽く作ってダイソーのマグネットで棚から釣ることを一番重視しています。


前にBLACKに使ったファンと同じような設計なのでラクチンです。


HAKUで5052 t1.0のアルミをサクっと切り出します。


f:id:VenusM:20100916172130j:image:w350


これにDCジャックとポテンショを付けてファンと接続します。


f:id:VenusM:20100916172131j:image:w350


さぁここまで行けば電源ONです!


あれ?つかないぞというありえない事態が・・・


いろいろ調べた挙句、DCジャックの端子を間違えていることが判明しました。


3つ端子があって、一個は固定用と思い込んでいたのですが、それが電源でした。


つまり電源を供給しないで回そうとしていたわけです。


その後、そのミスを直してスイッチをいれると、ちゃんと回りました!!


しかし、なんかすごい微風です。


ポテンショの抵抗値を一番小さくしないと起動すらしません。


手持ちの電源にこれ以上強力なものがなかったので、仕方なくポテンショとの接続を切って、ダイレクトに回しました。がっ!全く改善しませんでした・・・


このファンはあまり遠くまで風を送ってくれないようです。


棚の横で気休め程度に今日も回っています。


f:id:VenusM:20100916172133j:image:w350


教訓として使う前にちゃんと安定化電源で調べようということを学びました。


いまさらですね・・・・




Thursday, September 9, 2010


こんにちは。最近少しずつ涼しくなってきましたね。


 それでは真空チャックの続きです。


前回のチャックの改善案として以下のようなことを考えました。


・テーブルを一体型で作って空気の漏れをなくす。


・掃除機ではなく注射器を使って空気を吸う。


・吸引する体積を小さくして注射器でも吸えるようにする。


というわけでこれを満たすように改造しました。


まず、今まではアクリルのサンドイッチで作っていたパーツを一体にしました。


t6のアクリルの側面にM4の雌ねじを切って、M4の雄ねじを切ったパイプを埋めました。


さらにレーザー加工機で表面にポケット加工をしてパイプとつなげています。


ついでにリング型にカットしたラバーを埋める部分も彫刻しました。


断面図はこんな感じです。


f:id:VenusM:20100910172048j:image:w350


わかりづらいでしょうか?実際にできたものがこちらです。


f:id:VenusM:20100910172051j:image:w350


これにアクリルプレート載せて使います。


f:id:VenusM:20100910172049j:image:w350


フルセットがこちらです。これでバッチリ吸うはずです。(右は前回のテーブルユニットです。)


f:id:VenusM:20100910172050j:image:w350


さて期待の結果ですが・・・・うまくいきませんでした。


吸引力は確実に上がったのですが、ラバーとプレートの隙間から確実に漏れてます。


ラバーとプレートの密着部分が均等に力を受けていない模様です。


次回はラバーの部分をブ厚くして再挑戦します。




Sunday, September 5, 2010

真空チャックを作る その1


 こんばんは。最近暑すぎです。昼間外に出たくなくなります。


さて今日は真空チャックの紹介です。


当然のことながら加工するときは材料を抑えなくてはなりません。


しかし、この当然のことがかなりクセモノです。


普通は専用の治具を作ったり、両面テープで止めたりして加工します。


今回対象にしているのはアクリルプレートへの彫刻です。


この程度なら両面テープで充分です。


しかし、大人数に対してデモをやる予定なので、テープと時間の無駄です。


デモをやるときは、一人あたりの時間をどれだけ削れるかが勝負なので、少し手間をかけてでも削れる時間は削るべきです。


というわけで手間なし一発ポン!の真空チャックを作りたいと思います。


(ホントはやってみたかっただけで口実なのですが)


真空チャックとは簡単に言うと空気を抜いてやって、その負圧を利用して固定するチャックです。


つまり、材料と密着するテーブルを作って、そこの空気を抜けばOKというワケです。


f:id:VenusM:20100906195451j:image:w400


空気の抜き方は様々ですが、手元にあった掃除機を使いました。


f:id:VenusM:20100906193307j:image:w350


こんな感じです。


アクリルを主体に使っています。


アルミのパイプは雄ねじをきってあるのでそこから空気は漏れません。


左の栓ユニットを掃除機に付けて、チューブで繋がった右のテーブルユニットの空気を抜きます。


これで理論上はうまくいくはずです!で、結果はうまくいきませんでした。


ダメな理由を考察します。


・掃除機の栓がだだ漏れで機能していない


・テーブルユニットからも空気が漏れてる


というわけでこれらの点を改良します。


要するに隙間をなくすように改良すればいいわけです。


f:id:VenusM:20100906193308j:image:w350


そこで、このような天然ゴムのスペーサーを追加しました。


前回ヒューマノイドに使ったものと同じものです。


ただ今回はレーザーで加工しました。非常に美しく加工できるようです。


スペーサーだけではなく、対象の形状に近いカバーも作りました。


これでアクリルプレートとしっかりくっついてくれるはずです。


掃除機の栓のユニットにもエヴァスポンジをかませて漏れをなくしました。


で結果ですが、空気の漏れは少なくなりましたが掃除機がイカれました。


掃除機は本来空気を吸い続けるものなので、吸うものがなくなるとモータなどがヤバくなります。


ちょっとならもつと思ったのですが、一瞬で死んでしまいました・・・


というわけで次の改良になるわけですが、長くなったので続きは次回にしたいと思います。




Wednesday, September 1, 2010

プロポの無線信号


 今回はかわさきロボット競技会RobotCompetitionSeries”BRAVE”で使うオリジナル基板を作るというので、その無線信号を解析したおはなしです。


かわロボはよく知らないのですが、BRAVEではラジコン用の無線の使用しか認められていません。


そのため、自作のコントロールボードを積む場合は、プロポからの信号を解析して利用する必要があります。


ゲームパッドやその他の無線規格は安全の確認がとれれば順次認めていくようです。


個人的にはBluetoothと無線のPS2パッドを認めて欲しいです。


プロポのみだと正直自作基板を作るメリットはほとんどないような気がします・・・


 気を取りなおして調べてみると、プロポの受信機からはPWM信号が出ているというのがわかりました。


しかし詳しいデータが見つからなかったのでオシロスコープを使って実測しました。


今回調べたのはこの二つです。


f:id:VenusM:20100902182710j:image:w350


Futaba R124H 27 [MHz]


・周期 18 [ms]


・パルス幅


  最大     :1.100


  ニュートラル:1.510


  最小     :1.980


Futaba R617FS


・周期 16 [ms] 2.4 [GHz]


・パルス幅 [ms]


  最大     :1.100


  ニュートラル:1.510


  最小     :1.980


となります。


周期以外は変わらないようです。


ちなみに微妙な揺らぎは無視して書きました。


ニュートラルは揺らいでいなかったので、最大と最小の揺らぎはプログラムでなんとかなるでしょう。


あとは後輩とチームメイトが読み込みプログラムを書いてくれるので私の仕事は終わりです。


ちなみにうちのオシロは画像キャプチャが出来ないので、カメラで撮影してデータを撮っています。


こんな感じです。意外に見れると思います。


f:id:VenusM:20100902182707j:image:w350


f:id:VenusM:20100902182711j:image:w350