Wednesday, February 3, 2010

軸と熱膨張


最近ブログのネタに困っています。


ものを作っていないのではなく、まだ公開できない設計や加工が多いからです。


何体かロボットを作ったので早く公開したくてうずうずしています。


さて今日はそのパーツの一部なら公開できるだろうということで載せたいと思います。


f:id:VenusM:20100205015134j:image:w320


8時間旋盤をやって写真のような軸を何棒か加工しました。


軸や歯車などにはめるので、はめあいが細かく指定されていて大変でした。


また軸が長いので偏芯しないよう加工するのが大変でした。


そんな中、3年間の加工歴ではじめての出来事にあいました。


ベアリングにはめる軸を加工して、現物ではめあいを確認したところ、いい感じのはめあいだったので次の加工に移りました。


しばらくしてもう一度確認するとスカスカになってしまっていました。


「なぜ?」と困惑していると加工場の指導教官と先輩から「熱膨張しているんじゃないの?」という指摘が。


たしかに最後のひと押しを紙やすりで調整していたので怪しい気がしました。


ためしに計算するとφ6mmのアルミ棒で7μmは少なくとも膨れていたことが判明しました。


計算式は以下のようになっています。


f:id:VenusM:20100205015133j:image:w320


授業で習っていたので知っていましたが、まさか体験するはめになるとは思いませんでした。


はめあいのため、珍しくマイクロオーダーで加工しなければ絶対気にしない程度のものです。


今度は熱膨張に注意して加工するとうまくいきました。


次回からは熱に十分注意したいと思います。


やはり知っているつもりのことと、体験してわかっていることとでは次元が違います。


自分でやってみないとわからないものだなと改めて思いました。


最後に、今日一日加工に付き合っていただいた、先輩にお礼申し上げます。