Wednesday, November 10, 2010

真空チャックを作る その6


 こんばんは。


今回も真空チャックネタです。


JIMTOFの6日間を無事乗り切ってくれたのですが、問題点が出たのでちょこちょこ直していきます。





1.掃除がしにくい


2.取り付けがもう少し楽になって欲しい


3.Z方向の精度が悪い(水平がでてない)


4.真空ポンプのボックスが脆い


5.加工が終わっても気づかない。





の5点が問題となっています。


1~3は真空チャックのシールの部分にOリングを使っていることが問題だと考えられます。


Oリングにゴミが付着したりすることがあったり、水平がでない要因となっています。


4は真空ポンプのボックスをアクリルで作って、接着剤でとめたので、搬送したら1つ壊されてしまいました。


ただケースが壊れただけなので機能は無事だったのが幸いです。


5はうるさい会場では加工機の音が聞こえずに、加工が終了しても気づかない問題です。


とりあえず今回は真空チャックのシール部分を改良しました。


f:id:VenusM:20101111181001j:image:w350


t1のラテックスの板をアクリルの台座に埋める感じにしました。


f:id:VenusM:20101111181002j:image:w350


表面をもう少しつるつるに仕上げるつもりでしたが、なぜか荒くなってしまいました。


パラメータが悪いのでしょうか。要検討です。


とりあえず、15分くらいの加工をしてみましたが、無事加工することが出来ました。


f:id:VenusM:20101111181000j:image:w350


次回は真空ポンプのボックスの組み直しでしょうか。




No comments:

Post a Comment