Friday, September 17, 2010

真空チャックを作る その3


こんばんは。最近また暑い気がします。


前回浮気して扇風機を作りましたが、今回は真空チャックに戻ります。


二つの新しいゴムを用意しました。


東急ハンズで売られているOリングで、普通のゴムのやつとシリコンのやつを用意しました。


またレーザー加工機で外形を切り、NCでポケット加工を行ないました。


これはレーザー加工機では加工の跡が荒いのと、ボールエンドミルで加工して、Oリングをピッタリと埋めたかったからです。


で、こんなモノができました。


f:id:VenusM:20100918181140j:image:w350


横についている耳は、NCの汎用治具にネジ止めするためのモノです。


加工後にバンドソーで切り落とします。


f:id:VenusM:20100918181142j:image:w350


Oリングを載せてみました。ぴったりとはまっていい感じです。


f:id:VenusM:20100918181143j:image:w350


注射器と合体させて実験をします。


f:id:VenusM:20100918181841j:image:w350


結果、大成功です!うまく吸引してくれます。


シリコンの方が若干強い気がしますが、いい感じです。


これでひとまず完成!


そこで実際に耐久実験をしました。


注射器を固定して、加工します。


すると途中で空気が入っているのか5分程度で外れてしまいました。


人が注射器を引いていれば少しずつ吸引できるのでもつのですが、固定すると無理のようです。


やはり真空ポンプを使うべきなのでしょうか?




No comments:

Post a Comment