Tuesday, May 25, 2010

スケッチ的ななにか


 こんにちは、朝は天気がよかったのにやっぱり保ちませんでしたね。


今日もまた看板系です。研究室の名前を描いた看板を作りました。


研究室の名前なので気合を入れて少し変わったことをしました。


いままでのやつはレーザーで彫刻をしただけのただのプリント品でしたが、


今回はアクリル絵の具で色を入れてみました。


 まずはいつも通りレーザーで外形を切り抜きます。


ただし今回はできる限りラインでデータをつくり、彫刻をしないようにしました。


理由は彫刻をすると黒くこげて色が悪くなるからです。


図形のスケッチはまたもやCADを使用しています。


ただし「げ」だけは、さすがに幾何学模様には見えなかったのでペイントを使って描きました。


f:id:VenusM:20100526163154j:image:w450


いまさらですが今回のモチーフは「ひだまりスケッチ」の「ひだまり荘」にある看板です。


f:id:VenusM:20100526163150j:image:w450


外形は切り抜き、中の模様は切り抜かないよう出力を弱めてラインを彫りました。


これに木用のプライマーを2回ほど吹きつけ、そのあとアクリル絵の具で色をつけました。


f:id:VenusM:20100526163151j:image:w450


今は100均に筆などがそろっているので大変便利です。


アクリルガッシュはさすがに1000円以上しました。


f:id:VenusM:20100526163152j:image:w450


で色を塗り終えたのがこれです。


事前に溝を掘っているので意外にすんなり描けます。


しかしやはり難しいものは難しいです。


朝一番の輪講が終わってからずっと塗っていました。


下地の色をそのまま使っているので「ひろ」の部分は取り返しがつかないので緊張しました。


f:id:VenusM:20100526163153j:image:w450


できたモノをマグネットを使ってドアに貼りました。


本当はフックをかける部分を作りたくないのですが、この先のことも考えるとこれが一番いいように思います。


今回は色塗りに初挑戦したので結構てこずりました。


思えば中学校以来筆なんか使ったことがなかったように思います。


しかし苦労したかいがあり、色が増えると表現が豊かになります。


次回も色をつけて練習していきます!


反省ですがやはり彫刻に色を塗るなら下地の色を入れないと発色しません。


よりにもよって黄色だったので発色させるのに苦労しました。


あとは木をもう少し高いものにすればきれいに色がのったと思います。




No comments:

Post a Comment